Now Loading...

STRENGTH

パイオネット・ソフトの強み
安定と革新、協調と成長、そして…
タイトル背景
strength top画像
namber1
健全な経営力

1986年の設立から32年、バブルとその崩壊、PCの普及とインターネット社会の発展、モバイル時代の到来、リーマンショック、東日本大震災など、さまざまな事象がありました。
当然、私たちにも浮き沈みの波は押し寄せましたが、幸い一度として赤字を計上した年はなく、一貫して黒字経営を持続してきました。この健全な経営を堅持してきた事実こそ、パイオネット・ソフトがお客様に確かな便益を提供でき、製品やサービスが社会から認められてきた、何よりの証明だと自負しています。

売上推移グラフ
namber2
確かな技術力

当社はもともと、ソフトウェア開発のなかでも高度な技術力が求められるネットワーク分野の組込みソフト開発から事業を開始。TCP/IP、Bluetooth、NFCなど、先端通信技術の吸収に努めるとともに、オープンソース、モバイル、Webアプリ、クラウド、業務システムと、領域を拡げながら技術力を強化してきました。大規模プロジェクトの実績も数多く、ICTコンサルタント/スペシャリスト、PM/PLなど、マネジメントや専門技術の知見と経験を有するエキスパートを輩出して、お客様の高い評価を博しています。

エンジニア人員構成グラフ
namber3
同業他社との強力な協業体制

パイオネット・ソフトは、大手のSIerや経営コンサルティング会社から「頼りになるパートナー」として認められており、ほとんどの案件を直で請け負っています。自ずと、私たちがPM/PLの立場で、他の情報システム会社のメンバーを統括してプロジェクトをドライブするケースも多く、常に300社以上の同業他社との協業体制を整えています。当社の社員数は60名ほどですが、実際はその何倍もの要員を率いて業務を展開しておりで、多大なマンパワーのリソースを有している点も強みです。

namber4
自社営業戦略

インプットでは前記の協業体制に加え、約180社で構成されている東京都情報産業協会の役員企業および新経済連盟やCSAJ(一般社団法人コンピュータソフトウェア協会)等の活動、また他社との定期的な営業会議を通じて、ネットワークの拡大によるコラボレーションの強化を図っています。
アウトプットでは、主要な顧客先に管理職および管理職候補が常駐。直接お客様への営業活動を推進しており、絶えずリレーションを深めながら、新規案件の受注獲得に尽力しています。

namber5
社員同士の仲が良い、組織の風通しが良い

これがパイオネット・ソフトの何ものにも優る強みだと、私たちは確信を持っています。ソフトウェア開発企業の最大の資源は人材であり、プロジェクトを成功に導く原動力はチームワークです。創業以来の伝統として、風通しのいいアットホームな風土のもと、社員同士が仲良く楽しく連携して活動しており、事業と会社の発展を支える最大の武器になっています。代々、先輩が後輩を親身に指導する文化が受け継がれていますし、オフタイムのイベントや部活動が活発なのも自慢です。

namber6
充実の社宅制度

衣食住のなかでも住は、社会人生活の重要な基盤です。特に入社して初めて独り暮らしを経験する新入社員には最大の関心事でしょう。社員から「社宅があったらいい」という要望が寄せられたこともあり、2017年に社宅制度を導入しました。冷蔵庫や洗濯機やベッドなど、家具家電一式が完備したワンルームタイプの社宅を会社が用意するので、敷金・礼金などの初期費用不要で入居できます。同時に、自分で好きな物件を探して住みたいという人にも、手厚い住宅手当を支給しています。