Now Loading...

WORKPLACE

環境を知る
社員満足こそお客様満足につながる
タイトル背景
workplace top画像 教育・研修制度
新入社員からマネージャーまで、キャリアに応じた
教育研修プログラムにより、一人ひとりを伸ばします。
新入社員からマネージャーまで、キャリアに応じた教育研修プログラムにより、一人ひとりを伸ばします。

ソフトウェア開発の主要な鍵を握るのは、言うまでもなくICTエンジニアの力です。パイオネット・ソフトでは、社員の誰もが技術力と人間力を高めながら、ICTのプロへ、リーダーへ、マネージャーへ、確実にキャリアを伸ばせるよう、体系的な教育研修プログラムを用意しています。
なかでも、スタートアップの最も大事な期間を迎える新入社員には、入社後2ヶ月間にわたる集中的な教育プログラムを完備。外部の専門機関によるビジネスマナー研修と技術研修を通じ、社会人の基本とプログラミングの基礎を学習することで、SEのベースをしっかり固めます。技術研修は配属先に応じ、Web/クラウド系と業務系はJava言語、組込系はC言語をメインに学び、スムーズに実務に就けるようにしています。

自分が将来どのような姿を目指していくのか、
個々の志向に合わせたキャリアを歩めます。

新入社員は原則的に6月初旬に配属先の現場に入り、先輩や上司のOJT(実地研修)を受けながら、実務を習得していきます。この間、基本情報技術者などの資格取得にも取り組み、プログラマからスタートしてSEへのステップアップを図ります。
私たちは社員の個性と持ち味を尊重し、それぞれがどのような将来像をイメージしているのか。技術のエキスパートやコンサルタント、リーダー/マネージャーなど、個々の志向にマッチした成長の道を進めるよう、eラーニングによる技術研修とリーダーシップコース、プロジェクト管理コースなど外部ビジネス研修を豊富に用意。希望の講座を選択できるシステムを採用して、自己実現度の高いスキルアップに結びつけています。

自分が将来どのような姿を目指していくのか、個々の志向に合わせたキャリアを歩めます。

新入社員は原則的に6月初旬に配属先の現場に入り、先輩や上司のOJT(実地研修)を受けながら、実務を習得していきます。この間、基本情報技術者などの資格取得にも取り組み、プログラマからスタートしてSEへのステップアップを図ります。
私たちは社員の個性と持ち味を尊重し、それぞれがどのような将来像をイメージしているのか。技術のエキスパートやコンサルタント、リーダー/マネージャーなど、個々の志向にマッチした成長の道を進めるよう、eラーニングによる技術研修とリーダーシップコース、プロジェクト管理コースなど外部ビジネス研修を豊富に用意。希望の講座を選択できるシステムを採用して、自己実現度の高いスキルアップに結びつけています。

向上心にあふれて業務に打ち込む人を評価し、
明日のパイオネットを率いるポストに登用します。
向上心にあふれて業務に打ち込む人を評価し、明日のパイオネットを率いるポストに登用します。

中堅の社員には、リーダー、マネージャー等のポジジョンに応じた階層別研修、経営顧問によるマネジメント研修、いつでも受講できるトーマツイノベーションクラブ、ベテランの社員が開講するエキスパート塾など、多岐にわたる自己研鑽の場が用意されています。
評価システムは、全社員が毎月「目標管理シート」を上司に提出。面談を行い、業務・社内対応・自己啓発に関する実績を報告・検証したうえで、次の目標を設定し、また翌月に振り返るサイクルを回す体制により、公正で納得の行く賞与・昇給・昇進に努めています。
小規模のオープンな会社ですから、向上心を持って業務に励み成果を挙げるほどに、部長や役員といった経営幹部へのキャリアも開かれていきます。