Now Loading...

INTERVIEW

人を知り、仕事を知る
自主の精神が成長を加速させる
タイトル背景
IoTソリューション部
システムエンジニア Takuya Kasagawa

笠川 拓也

2018年4月入社
入社1年目、早くもAndroidアプリを開発。「組み込みのプロ」を目標に、アクセル全開中です。
入社1年目、早くもAndroidアプリを開発。「組み込みのプロ」を目標に、アクセル全開中です。
IoTソリューション部
システムエンジニア Takuya Kasagawa

笠川 拓也

2018年4月入社
大企業より、少人数の中小企業で
みんなと仲良く仕事をしていきたい。

僕は文教大学の情報学部情報システム学科で、ソフトウェアづくりの基礎を学びました。グープワークで、高校生向けに神奈川県の大学を検索するシステムをつくって発表したり、自分のワードローブを登録しておくと、その日のお天気に合ったコーディネートを教えてくれるAndroidアプリを企画・開発したり、一所懸命に勉強してICTスキルを伸ばせたと自負しています。
なので当然、SE一本に絞って就職活動を進めたのですが、始めから大企業は外しました。何百人という単位で新卒者を採用している大手で歯車のひとつになるより、少人数の会社でみんなと仲良く働きたい。そのほうが自分らしさを発揮できると考えたからです。
パイオネット・ソフトは、中小企業専門の就職情報サイトで見つけました。ホームページを見ていくと、楽しそうなイベントの写真や社員ブログが載っていたので、仲が良さそうでいいなとピンと来たのです。すぐに会社を訪問したところ、お会いした社員の皆さんがどなたも話しやすくて、自分を飾らずに伝えることができました。いろいろ興味深いソフトを開発しているのも魅力で、『きっと、大学の専攻をベースに活躍していける』と思って入社を志望しました。

予想していたよりずっと早く、
Androidのアプリづくりを任されて。

入社後、5月末までの2ヶ月間は、ビジネスマナーなど社会人基礎研修とJavaメインの技術研修で充実していましたが、僕には技術研修は大学の復習の感じで、早く実務に就きたくて仕方なかったのが率直な印象でした。
そして6月、待ちに待った配属先は大手SIerのスマホアプリ開発プロジェクト。しかもいきなりリーダーから「Androidのアプリをやってみろ」と言われて驚きました。パイオネットで8年ほどのキャリアのリーダーは、Androidアプリをはじめ組込み系のプロフェッショナルで、とても尊敬・信頼できる存在。そのリーダーが、スマホ標準のロックとは別の、独自の端末ロックアプリの重要な鍵の部分を開発する実務作業を任されたのです。いつも隣のデスクにリーダーがいて、分からないことや疑問に思ったことは聞けば教えてもらえるとはいえ、『できる限り自分で調べて考えて、トライアル&エラーを繰り返しながら、答え(ソリューション)を導き出しなさい』という、当社ならではの若手の育て方だと実感できて嬉しかったですね。

一日のスケジュール

9:30
出勤

自宅は浅草のワンルームマンション。常駐先の大手SIerまでドアツードアで1時間ほどなので、余裕の通勤です。

10:00
朝会

プロジェクトリーダーの会議に、若手では僕だけが参加させてもらっています。全体の動きが分かるので、いい勉強に。

10:30
午前中の作業

今日はAPIと言って、Web上に公開されている共有プログラムの使い方、エラーの直し方などを探究しました。

12:00
ランチ

お昼は、コンビニのお弁当が多いですね。食後はカフェスペースでくつろいでリフレッシュ。

13:00
午後の作業

次の新規案件のプログラミング。その後、16時から1時間、メンバー全員による定例会に参加。

18:30
退勤

会議の後、今日の振り返りと明日の準備を済ませて、定時に退勤。残業は月に数時間しかしていません。

大学では答えが教科書に載っていた。
社会では自分で答えを出すのがプロ。

Androidのアプリは、リーダーのダメ出しを受けながら、半年ほどで何とかリリースできました。組込み開発の第一歩に過ぎませんが、僕には得難い体験でした。何より、学生の時は教科書に答えが載っていたけれど、それは決まりきった問題だったから。社会では、まだ答えが決まっていない問題に直面する場合が多いので、自分で調べて、詳しい人に聞いて、自ら答えを出していかなければなりません。大半の問題に答えを出せるリーダーのような技術者が本当のプロなのだ、僕も早くそうなりたいと、はっきり目標が定まりました。
もうひとつ、入社の大きな動機だった「社員の仲の良さ」も満喫しています。当社では毎月、月末の金曜日に社員全員が本社に集まる帰社日があり、お互いに近況を報告しあって、交流を深めています。同期の間だけでも、小売店のシステムを手がけていたり、クラウド系に携わっていたり、僕の知らない世界の話を聞けるので、新鮮な知識を吸収できます。そうそう、僕がゲーム好きだと知った先輩がサバゲー(サバイバルゲーム)に誘ってくれたり、SNSで『テニスやろうよ』とか『ボードゲームはどう』とかなったり、自然発生的にイベントが盛り上がるのもいいですよ。